寮費はタダで利用できる!?

期間工の寮費は基本的に無料

期間工の魅力と言えば、貯金がしやすいという点です。なぜ貯金がしやすいのか、それは、元々給料が高めに設定されているだけでなく、メーカーが寮を無料で貸してくれるからです。工場の場合、生産量を増やすために24時間稼働を行っている所も多く、夜勤のみの求人に応募すれば、更に収入をアップさせることができるでしょう。ただ、会社によって寮のルールは違いますし、寮には「自社寮」と「借り上げ社員寮」の2つがあります。自社寮は会社の所有物のため家賃は無料なことが多いですが、借り上げ社員寮はマンションの一室などを借りて寮を提供しているので、家賃がかかることもありえます。とはいえ、借り上げ社員寮も家賃が一部負担で済む場合もあるので、貯金がしやすいことに変わりはありません。都内で1人暮らしの平均家賃が8万円と言われています。期間工で寮費が無料の寮に入って働けば、家賃分全て貯金したり、お小遣いにしたりすることができます。

寮費だけでなく光熱費や食費も無料なことがある

期間工の凄い所は、家賃だけじゃなくて水道、電気、ガスなどの光熱費まで無料ということがあるという点です。平均的な一人暮らしの場合、光熱費にかける平均的な料金は1万円前後だと言われています。光熱費無料ならば無理して節約する必要がなく、浮いた分を貯金に回せるのが嬉しいでしょう。また、期間工は、食事も無料で提供されることもあります。その場合、食費がタダになるだけでなく、自炊する手間も省けるということになり、かなりお得です。無料じゃなかったとしても、工場や寮の食堂は格安で料理を提供していることが多いため、得したような気分で食事を楽しむことができます。ご飯をガッツリ食べたい、貯金をしたい、外で遊ぶお金が欲しいという人は、寮や食費、光熱費が無料の求人を探してみると良いでしょう。

期間工の求人は、専用の求人サイトを用意している企業が多いです。そのようなサイトでは職場の様子などが積極的に公開されているため、仕事の雰囲気の確認をしやすいです。